みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 十二人の怒れる男
  5. teRataroのコメント

十二人の怒れる男/teRataroのコメント

rating44.2273

十二人の怒れる男へのコメント

採点

rating4

推薦数

+2

コメント

事件に利害関係も無く、素人なので「仕事」としての責任感も無く、さして「正義」への使命感も持たない寄せ集めの人々、そんな中に偶然にも一人だけ几帳面な偏屈男が居た。
プロデューサーでもあるフォンダが主張したかったのは、ビジネスオンリーの法曹業界の批判や「陪審員制度」の怪しさなのでしょうが、これをテレビ出身のルメットは、12人の人物描写を通して人物本位のドラマに仕上げています。

評者

teRataro

更新日時

2004年05月31日 01時28分

コメントの推薦

参考になる 2004-06-12
 
素晴らしい洞察 2004-05-31
 
2021年12月02日 07時25
2021年12月02日 07時25
©ずばぴたテック