みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. フライトプラン
  5. momochichiのコメント

フライトプラン/momochichiのコメント

rating33.2500

フライトプランへのコメント

採点

rating3

推薦数

+4

コメント

ジョディ・フォスターの引力か?製作会社の力量か?

ネタバレ

このレビューは物語の核心部分が明かされています。

レビュー

いやぁ〜初日とは言え、シネコンのそれも2番目に大きいホールが満員ですよ!

こんなのは「エピソード掘廚寮茵更垳開以来の事です。

さて、客の期待感が高まってホールに充満する頃、映画がスタート。

サスペンスアクションにありがちな落ち着いたスタート。

ジョディ・フォスターが6歳の女の子の母とは、ちょっと厳しい感じがしますが(笑)、夫を亡くしながらも子供を守ろうとする母性を上手く滲み出させています。


ベルリンで航空機の設計をしていたカイル(ジョディ)は夫を不慮の事故で亡くし、会社を辞めてジュリア(子供)とともに実家のあるNYに帰るところだった。自分の設計した最新鋭の旅客機に乗り込み「目が覚めたらニューヨークよ。」とジュリアを寝かしつけますが、自分が目覚めたらジュリアの姿が見えない。機内の誰も知らないし、搭乗記録も無いと言う。更にジュリアは6日前に亡くなっていると告げられた・・・

夫が亡くなった後に、一緒に家に帰るシーンを「妄想」として挿入したり、現実に「ジュリアは死んでいてカイルの妄想なのか?それとも本当に消えたのか?」というのが分からないままストーリーは展開して行きます。

中々良いテンポで進むのですが、良かったのは「妄想か?現実か?」が分からなかった所まで。

種が分かってしまうと、あらゆる事実が「ありえねぇ〜」「そりゃ、ねえだろ〜」と突っ込みたくなってしまいます。

又、いつもアメリカ映画を見ていて思うのですが、結果として正しければ、どんな方法を取っても(犯罪を犯しても)チャラになってしまう事です。

『ダイ・ハード』でパトカーに銃を乱射したり、『ターミネーター2』で製鉄所を破壊しかかったり、『交渉人』でビルに立て籠もって人質を取ったり・・・・・

あれ?上記3作品はいずれもお気に入りの傑作だな(笑)

まぁ、多少の行き違いがあっても映画として面白ければ「良し!」としましょう。

本作はそういう意味で言うと、「良し!」とまでは言い切れない感じでした。

しかし、あのTVのコマーシャルは良く出来ていますね。ジョディが消火器で殴りかかるシーン、本編で殴った物を見た時「え〜これかよ?」って思いましたもん(笑)

しかし、特に日本人に人気があると思われるジョディ・フォスター。作品さえツボに嵌れば(やっぱサスペンス・アクションかな?)、かなりの確立で客を呼べる俳優だと思います。

自分は前作?の『パニック ルーム』の方が好きですね。

評者

momochichi

更新日時

2006年01月29日 16時44分

コメントの推薦

読んで楽しい 2006-02-14
 
読んで楽しい 2006-02-02
 
読んで楽しい 2006-01-30
 
参考になる 2006-01-29
 
2022年06月26日 16時29
2022年06月26日 16時29
©ずばぴたテック