みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. その他
  4. Jam Films
  5. カトキチのコメント

Jam Films/カトキチのコメント

rating22.0000

Jam Filmsへのコメント

採点

rating3

推薦数

+1

コメント

まさにジャムってる映画。

レビュー

今の日本を代表する7人の監督達がショートムービーを撮りあげ、それをまとめて1本にしたユニークなオムニバス。
コンセプトも世界観もバラバラなので、1作品としての統一性はないが、バラエティにとんだ作品に仕上がった。
こちらも『フォー・ルームス』同様、一本づつの採点をしてみる。

『the messenger』 監督・北村龍平/★。
映像はクール、一枚の絵にこだわった作品だが、話しとしてまったくおもしろくない。
アート系な作品である事はわかるが、う〜ん、好きな人は好きだと思う。

『けん玉』 監督・篠原哲雄/★★★。
『月とキャベツ』を愛する私としては、この組み合わせでOK、
山崎まさよしのキャラが非常に可愛らしく、篠原涼子もいい、映像も篠原監督らしさに溢れている。

『コールドスリープ』 監督・飯田譲治/★。
この人の映画はいつも面白くないが、短くても面白くない事が判明した、筒井康隆の役者っぷりに★。

『Pandora』 監督・望月六郎/★★★。
センスのいいカメラワークと世界観の作り方、マニアックなエロスにこだわったのも好感が持てる。
吉本多香美と麿赤兒の組み合わせと、物語の運び方もいい、ラストがあまり好きじゃないが、望月監督らしさ満載。

『HIJIKI』 監督・堤幸彦/★★★★★。
ただ最高です、時間も笑いもオチも役者も完璧!これぞショートフィルムのおもしろさだ!!!
とにかく見てくれ!個人的にはこれだけでも観る価値はあると思う。

『JUSTICE』 監督・行定勲/★★★。
行定監督は、堤、岩井、両監督の弟子だが、まったく違うタイプの作品を持って来た事にびっくり。
バカな話しだがけっこう笑える、好きな人は好きだろう、ブレイク前の綾瀬はるかにもご注目。

『ARITA』 監督・岩井俊二/★★★★。
岩井監督が撮ったとは思えない作品、ユニークなカメラワークとCGの使い方も完璧。
広末涼子の存在感と部屋の造形、「ARITA」の変な動きとすべてが秀逸。

星平均2.85なので★★★です。

評者

カトキチ

更新日時

2005年11月06日 00時02分

コメントの推薦

参考になる 2005-11-06
 
2021年12月05日 13時22
2021年12月05日 13時22
©ずばぴたテック