みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 天城越え
  5. ドンペリのコメント

天城越え/ドンペリのコメント

rating33.7500

天城越えへのコメント

採点

rating4

推薦数

+2

コメント

切なく哀しい松本清張の原作をかくも美しい映画に。
この映画、田中裕子を見るに尽きる映画と言っても過言ではありません。
決して美人ではないのに「とにかく美しい」のです。

ネタバレ

このレビューは物語の核心部分が明かされています。

レビュー

娼婦らしいあの着物の着方からしていい。
彼女から漂う独特の妖艶な色香は 他の女優さんには望めませんね。
女の私が見ても「なんて美しいの!」と溜息でした。
申し訳ないけれど「大谷直子の演ずる天城越え」は比になりません。
(大谷さんごめんなさい。)


少年のあまりにも切ない犯行動機に心が痛みます。
何十年が経ち時効も過ぎ、当時の刑事が彼に会いにきます。
「現場に残された足の大きさは少年のものだったということに
気が付かなかったんです・・・」と言う部分、まさに清張節、切ない。


事件当時、状況証拠からハナ(田中裕子)に犯人の疑いがかかり
激しい取調べに合います。
ハナが「厠に行かしておくれよ(確かこんなせりふだったか)」と
何度もお願いするのに、刑事は無視し、
彼女は耐え切れずその場で失禁してしまうシーンは、ショッキングで
今でも忘れないのです。その時の田中裕子の演技もあまりにも見事でした。
20年後の今もはっきり覚えているのですから。


原作も読んでください。活字も・・・哀しいですよ。

評者

ドンペリ

更新日時

2005年10月14日 01時36分

コメントの推薦

参考になる 2005-10-16
 
素晴らしい洞察 2005-10-14
 
2022年06月26日 17時13
2022年06月26日 17時13
©ずばぴたテック