みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 犯罪
  5. 賭博師ボブ
  6. 第三の男のコメント

賭博師ボブ/第三の男のコメント

rating44.0000

賭博師ボブへのコメント

採点

rating4

推薦数

+1

コメント

人間万事塞翁が馬、というか、マーフィーの法則、というか...
なかなか痛快な作品

ネタバレ

このレビューは物語の核心部分が明かされています。

レビュー

昔は相当悪かったらしい賭博師のボブ。最近ツキがなくなったか稼ぎはいまいち。そんなある日、明け方のカジノには大金があるという話を耳にし、強奪を計画する。着々と準備は進んでいたが、若いチンピラの寝物語から敵対するチンピラに情報が流れ、警察にばれてしまう。覚悟の上ボブは強奪計画を実行に移す。ところが賭けはせず、様子を探るはずだったボブ、仲間との約束を忘れ(これが博打打ちのサガ)、ルーレットに賭けてしまう。最近ツキに見放されていたボブ、なぜかこの日はツキまくり、なかなか途中で止められない。そうこうするうちに決行時間となり、仲間がやって来る。ほぼ同時に警察が駆けつけ、ボブは連行されるが、パトカーには莫大な量の札束が積み込まれる。にやりとしたボブの台詞「これで良い弁護士を頼めば損害賠償を請求できるかな。」
ロジェ・デュシェーヌの重厚な縁起が素晴らしい。何気なく声を掛けたタクシー運転手が「ボブさんとは知らず失礼」などと謝ったり、パトカー(同乗するのは警察署長!)が彼を拾って行く様子も不自然に感じない。
花を添えるアン役のイザベル・コーレイがまたなかなか良い。

評者

第三の男

更新日時

2008年06月03日 21時15分

コメントの推薦

参考になる 2008-06-04
 
2021年12月06日 11時52
2021年12月06日 11時52
©ずばぴたテック