みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 犯罪
  5. 極道の妻たち
  6. ドンペリのコメント

極道の妻たち/ドンペリのコメント

rating33.2500

極道の妻たちへのコメント

採点

rating3

推薦数

+1

コメント

この一作目は、珍しさもあり、テレビでだが興味深く見た。

ネタバレ

このレビューは物語の核心部分が明かされています。

レビュー

極道の男に惚れた女にスポットを当て、
その世界をここまで描いたのは初めてであり、
命を張った取材に裏打ちされているため、説得力もあったりする。

また、組長の妻として、これほど女を格好よく見せきったのは
たいしたものだと思う。

美しく、しかも貫禄のある岩下志麻の堂々としたお姐演技に
初めて観た時は驚いたものだ。気合入ってるな〜と。
着物姿は実に美しく、流石だ。
しかしながら辛口にはなるが、
岩下が 役柄上無理やり凄みを出しているように見えてしまうのが
どうしてもどうしても気になって仕方がなかった・・・。
演技にしか見えないのだもの・・・それを忘れさせてくれてこそ、入り込めるのだが・・。

一方、男優たちは、よくまあ‘らしい(汗)’面子を集めたなという感じで
こちらの方は不思議なくらい違和感がないのでございました。


「極妻」という言葉を流行らせた本作。
家田荘子が 自身の取材の様子を語っているのを見たことがあるが、
その並大抵ではない根性に 何が彼女をこれほどまでに突き動かしたのだろう、
と思いながら聞いていたものだ。


極道の妻でなくても、「いざとなると、女は強い」ということを
女である私は知っておりますが、それにしてもこの女達はやっぱりスゲーヤ。

評者

ドンペリ

更新日時

2007年06月29日 14時21分

コメントの推薦

読んで楽しい 2007-06-29
 
2022年01月28日 14時52
2022年01月28日 14時52
©ずばぴたテック