みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. オカルト..
  5. ビデオドローム
  6. ドンペリのコメント

ビデオドローム/ドンペリのコメント

rating33.3333

ビデオドロームへのコメント

採点

rating2

コメント

こういうの、無理にわかろうとしなくていいんですよね・・・・

レビュー

かなり以前ですがレンタルビデオ鑑賞です。
自分のジャンル外のものを借りて見ようとしていた頃のこと、
内容も知らずに‘へんてこりんな感じ’の本作を借りてみたら、
やっぱり‘へんてこりん’でした。


主人公が怪し気なビデオを観てから幻覚をみるようになり、
幻覚と現実が「合致」してくるという映画でした。
敢えて「合致」と書いたのは、
「混同」とは違うようなニュアンスで私は捉えていましたので。

物体と人間の身体も境界がなくなるというか・・・そんな感じでした。
何しろテレビに人間の頭が吸い込まれていくんですから〜(これは忘れませぬ)。

映像の妙(気持ち悪い部分大いにあり)を楽しむより、
我ながらよく最後まで鑑賞したものだという映画だったので、
「で、いったい何が言いたいわけ?」という感じが強うございました。
(こういうの好きな人は 笑いながら楽しんじゃうのでしょうね〜)

鑑賞後、無理にわかろうとしなくていいのだという結論に。
というか、本作であまり難しいこと考えたくないというか・・・笑。


・・・前にも後にもその時に一度観ただけですが、
これを観たお陰でジェームズ・ウッズと言えば
私の中では未だに『ビデオドローム』であり、それほど印象が強いのでした。


同監督の『スキャナーズ』(星3つ)の方が 解りやすいでした。

評者

ドンペリ

更新日時

2007年05月23日 00時48分

コメントの推薦

データがありません
2021年11月29日 11時27
2021年11月29日 11時27
©ずばぴたテック