みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 冒険アクション
  5. バットマン フォーエヴァー
  6. ドンペリのコメント

バットマン フォーエヴァー/ドンペリのコメント

rating33.1250

バットマン フォーエヴァーへのコメント

採点

rating4

推薦数

+2

コメント

まあ鮮やかなフェスティバルのよう・・・。楽しい画面が一杯で、目でも楽しめます。
バルキルマー・バットマン、これがなかなか素敵なの!

レビュー

バットマンが自分の見る夢に悩まされるという核があるのがいいです。
幼い頃に両親を殺された夢を見るのです・・・。
この部分が気に入っているのとバルキルマーが意外に良かったので星はおまけです。


前2作と比較にならぬほど明るく色鮮やかでお賑やかなエンタテインメント映画にしましたね。
あれもこれも盛りだくさんで・・・よく詰め込みましたよね・・・サーカスシーンまであって・・・
難しいこと考えるものでもないと思いますけどね・・・『バットマン』ですから。

時代と共にコスチュームもバットモービルも変わるのはOK、OK!楽しい。
彼は超お金持ちだもの、コスチュームだってどんどんいい素材のものに変え、
バットモービルも性能の良いものに変えるでしょうよ・・・なんて思ったり(笑)。



バルキルマーのバットマン、
これがなかなかどうしていいんです! 淡々としてましたけどね、結構セクシィだし、
彼が‘昼間の顔・ブルース’で 会社の中で歩くシーンなんて素敵よ。
スラリとスーツを格好よく着こなし、大富豪のお坊ちゃま青年実業家ぶりの雰囲気出てる。
その彼があのバットスーツに入ると思うと素敵じゃないの、って思っちゃうわけよね。
たぶん女性受けするブルースなのではないかと思うんです。違うか・・・?
バットスーツ着て プリリンと‘まあるいお尻’を映すのが面白かった〜。
そしてバットマンの時、低いいい声出してました。結構痺れるわね。・・・M.キートン同様、
バットマン用の声にしてましたね。


それにしてもジムキャリーのいつもながらの演技は凄いですね、
それほど好みの役者さんではないけれど認めざるを得ません。
キャラクターを完璧に作り上げて自分のものにしてしまう見事さ。
あのお派手な衣装での身のこなしは水を得た魚でござんした。何度も独り舞台を演じてた。
それと比較すると 頑張ってお出ましになったトミー・リー・ジョーンズは
どことなくキャラクター負けしていたような気もするけれど
でもとにかくこの悪のお二人、リドラーとトゥーフェイスがハイテンションなので観る方も大変よ。
なので、恋のお相手としての二コール・キッドマンの相変わらずのお嬢ぶり(いい意味)の
ほんわかした演技で 一息ついて癒されましたよ(笑)。

さらに足手まといのロビン君もいるわけですから、やや満腹気味。
だってね途中にドリューバリモアが出てくるシーンまで入ってるんですからね・・・このシーンは
特になくてもいいシーンかなぁなんて思いましたけどね。
以上これだけでも いかに盛りだくさんかお解りいただけるでしょう。
でもよく2時間にまとめたと思いましたよー、最後の方は急ぎ気味でしたけどね。



ロビン君と二人で悪者退治に行かれてもな〜。
バットマンに助手はいらないわ〜。

評者

ドンペリ

更新日時

2006年04月10日 03時52分

コメントの推薦

読んで楽しい 2006-04-10
 
参考になる 2006-04-10
 
2022年09月25日 09時53
2022年09月25日 09時53
©ずばぴたテック