みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. SF・ファンタジー
  4. SF
  5. エイリアン2
  6. ごあのコメント

エイリアン2/ごあのコメント

rating33.9091

エイリアン2へのコメント

採点

rating4

推薦数

+1

コメント

現在4作目まで作られているSF映画の金字塔。
前作から雰囲気を一新していますが、私は2の方が好きです。

ネタバレ

このレビューは物語の核心部分が明かされています。

レビュー

救命艇で脱出したリプリーが救助されるところより今作は始まります。
紆余曲折あり、今度は最新の装備で武装した宇宙海兵隊の精鋭と一緒にエイリアンと対峙することになります。
しかし、お約束の如く油断した海兵隊はエイリアンにどんどん殺されていきます。
しかも頼みの綱の宇宙艇(これがないと母艦に帰れない)も破壊され、数百匹のエイリアンと共に基地に取り残されます。
さらに、原子炉の異常で数時間後にはあたり一帯を吹き飛ばす核爆発が起きることまで判明。
どうする、リプリー!!
と、こんなカンジの、物語です。

まず、この映画で注目すべき点は、かなり細かく設定を作りこまれた宇宙海兵隊でしょう。色々と面白い要素は他にも沢山ありますが、まずはこれです。
今から十年以上前の映画で、兵士一人一人にカメラを装備させ、心電図で状態をチェックし命令を与える軍隊を描いているのは中々凄いことだと思います。(余談ですが、現在米軍はこれに良く似たシステムを開発中らしいです。近い未来では実現するかもしれませんね)
また、装備のパルスライフルやスマートガンやセントリー銃の造形も良いです。これらの銃は実在する銃の部品を組み合わせてデザインされいるそうです。だから、SFチックでありながらどこか見覚えのあるデザインなんですね。

また、この映画はSF映画でありながら立て篭もり映画であって、脱出映画でもある欲張りな映画です。ここまで色々な映画の要素を加えると、逆に駄作になってしまいそうですが色々な要素が不自然ではなく自然に配置され、マッチしているのにはジェームズキャメロン監督の力を感じました。中々できることじゃないですよね。

後、忘れてはいけないのが、最終的にこの映画は「母」の映画になることです。ラスト近くでニュートを助けにエイリアンの巣窟最深部に赴くリプリー、何匹も我が子をリプリーに殺されてて怒り狂うクイーン。立場、種族は違うとはいえ同じ「母」同士が子供のために戦う映画になります。

まあ、色々と難しいことを書いたりしましたが、群れで襲い来るエイリアンをパラスライフルの乱射で撃ち殺すシーンだけでも最高の映画です。皆、観ようぜ!!

評者

ごあ

更新日時

2007年10月04日 14時17分

コメントの推薦

参考になる 2007-10-08
 
2021年11月29日 11時18
2021年11月29日 11時18
©ずばぴたテック