みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. 歴史・時代劇
  4. 日本の歴史・時代劇
  5. 雨月物語
  6. カトキチのコメント

雨月物語/カトキチのコメント

rating44.2000

雨月物語へのコメント

採点

rating4

推薦数

+4

コメント

映像美うんぬんよりも作品自体が素晴しい!傑作!

レビュー

映像は完璧と言っていいだろう、適度に緊張感がある長回し、緩やかに動くカメラ、
白く映る吐息や虫の飛び方などの描写のリアリズムと独特の美学はホントに見事、
ここに役者の極限の演技が色を付け、目が離せない展開に、
自然をうまく使った映像、人の使い方、セットの見事さ、
映像美うんぬんよりも1つの作品として見事な出来に到達している、傑作。

黒澤監督というのは世界にも通用する作家、淀川さんの言葉を借りると「西洋人がいっぺんに拍手する映画」で、
小津さんも日本独自ものがあるが、家族のあり方は世界的にも共通するものがある、
ところが、この作品(溝口さんはまだ2本しか見てないので、あえて“この作品”と書く)は、
明らかに日本でしか撮れないもの、日本人ならば外人よりもその魅力が分かる作品となっている。
映像美で行くと誰もが分かるものだが、ストーリーは日本的な様式美の塊だ、
それ故、外人にも独自の文化を楽しめるというものになっているが、日本の宝物のような作品、
ストーリーも世にも奇妙な物語という言葉がぴったり合う、怪奇な話である。

森雅之、田中絹代が素晴しく、
それ以外の脇役にも気を配った演出のおかげで、映像美だけに映画がひっぱられてないのも見事、
役者の演技を中心に据える事で、映画としての魅力を一気に引き出したのが素晴しい事だ、
長回しを多様したのも、素晴しい、演技や映像に緊張感が溢れている。
それを支えたのは宮川さん、彼のクレーン技術はホントに言葉が出ないほど素晴しい!
映画としておもしろいから、映像美をメインにした『山椒大夫』よりもオススメできると思う。

黒澤、小津よりも世間的には知名度がない溝口監督、3番目の男と侮るなかれ、彼の作品は素晴しいぞ!

P.S、もちろん成瀬も忘れるなよ。

評者

カトキチ

更新日時

2006年05月04日 00時34分

コメントの推薦

素晴らしい洞察 2015-07-28
第三の男
参考になる 2006-05-04
 
読んで楽しい 2006-05-04
 
参考になる 2006-05-04
 
2021年12月01日 17時59
2021年12月01日 17時59
©ずばぴたテック