みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. 戦争
  4. 空戦
  5. トップガン
  6. momochichiのコメント

トップガン/momochichiのコメント

rating33.0000

トップガンへのコメント

採点

rating4

推薦数

+1

コメント

「あまり記憶に残らなかった映画だな〜」というイメージがあり、
レビューも書いていませんでした。
ところが、Garma Zabiさんのレビューを読んで、「これぞ5.1ch向き!」
という事が判明、借りてきました。

ネタバレ

このレビューは物語の核心部分が明かされています。

レビュー

以前見た時は普通の映画として見ましたので、
「マーヴェリックとアイスマンのライヴァル物語」
「マーヴェリックとチャーリーのちょっと障害のある恋愛物語」
「触媒としてF-14やミグが出てくるだけ」
という印象で見終わりました。

評価は★2.5、という所でしたでしょうか?

今回はGarma Zabiさんに「F-14の爆音を5.1chで聞くだけでも価値あり」
との情報を戴いていましたので、
「主役はF-14、脇役はミグ28、トム・クルーズ」という認識で見ました。

ミグとのドッグ・ファイトを初め、着艦シーンなどが綺麗に撮影されており
再評価しました。また、やはり音響が素晴らしい。
我が家のちゃちな5.1でもこれだけの迫力があるのですから、本格的なシステム
がある方にはお勧めです。

それとこの音楽ですね。

約105分の映画の中で、音楽が流れているシーンは推定104分(笑)

サントラには収録されていませんが、前半の「YOU'VE LOST THAT LOVIN' FEELING」
をパブの客全員で歌うシーンは良かったですね!

原曲は「ライチャス・ブラザース」(ゴースト:ニューヨークの幻のアンチェインドメロディーもライチャスブラザーズです)の名曲ですが、自分の世代ではこの曲を聴くと「ホール&オーツ」を思い出します。
「ふられた気持ち」という曲で女をナンパするのはどうか?と思いますけど(笑)一時は成功していたので結果オーライとしましょう。

エンドロールで好きなチープ・トリックの「MIGHTY WINGS」が使われていたのもGOOD!

結局この映画は、音に拘り、F-14の爆音(特に上昇する時の音)を楽しむのが一つ。

もう一つの楽しみ方と言うか見方は、105分のミュージッククリップ集として。超ロングヴァージョンのMTV代わりにするのです。

「洋楽のカラオケを歌わないでず〜っと見ている」という感じでしょうか。

評者

momochichi

更新日時

2005年04月25日 00時16分

コメントの推薦

読んで楽しい 2005-05-21
 
2021年12月04日 02時11
2021年12月04日 02時11
©ずばぴたテック