みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. SF・ファンタジー
  4. SF
  5. 空の大怪獣ラドン
  6. hackerのコメント

空の大怪獣ラドン/hackerのコメント

rating33.3333

空の大怪獣ラドンへのコメント

採点

rating4

コメント

ラドン自体にあまり攻撃性がなく、巨大で飛ぶスピードが速すぎるが故に、人間に邪魔者あつかいされるという、どちらかというと悲劇的なところのある作品で、ラスト・シーンが印象的です。

ネタバレ

このレビューは物語の核心部分が明かされています。

レビュー

久しぶりに再見しましたので、追記します。

平成ガメラ・シリーズのギャオスのキャラクタが、この映画から大きくインスパイアされたものであることを「発見」しました。

空を飛ぶ怪獣という共通項はもちろんですが、2億年の間眠っていた卵が、気象条件等がそろって孵化するというのは、まさにギャオス誕生そのままですし、あまりはっきりとは描かれていませんが、人間や牛を襲って食べるというのも、そのままです。また、自衛隊ジェット機と怪獣との空中戦という本作の見せ場は、平成ガメラ・シリーズでも、たびたび登場しています。

きっと金子監督は本作が好きなのでしょうね。私もそうです。『ゴジラ』と並ぶ、初期の東宝怪獣映画を代表する作品です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2005年2月22日記

阿蘇山の噴火を背景に、自衛隊の攻撃によって傷ついて飛べなくなり、力尽きて溶岩流へと落下する一匹を追うように、つがいのもう一匹も落下し、二匹そろって火に包まれる痛ましさが涙を誘います。特撮の面でも、ラドンが飛ぶだけで起こる強風に吹き飛ばされる屋根や飛ばされそうになって街路樹にしがみつく自衛官等は、その後の東宝怪獣映画で何度も借用された自慢のシーンといってよいでしょう。

評者

hacker

更新日時

2018年04月07日 09時33分

コメントの推薦

データがありません
2021年11月30日 00時03
2021年11月30日 00時03
©ずばぴたテック